【整体的新型コロナウィルス考】戦わずに調和する

現代社会においては、非常に多くの人が痛み、症状、病気で悩んでいます。これらは、確かに不快です。時として絶望するほど深刻な苦しみを味わいます。だから、人類はこれらとの戦いに挑みます。しかし、その行為は総じて戦闘を長引かせ、戦禍を拡大する結果につながっていると感じてなりません。
 
一例として現在、COVID-19が大きな問題となっています。備えや予防をすることは必要ですが、過剰に反応しないこと、特に恐怖心を持たないことが、私はとても大切だと考えています。「免疫力を高めよう」という意見も多いですが、これは「戦闘力を高めよう」に等しく、私は大きな違和感を感じます。
 
私が整体の道へ入る大きなきっかけになった合氣道は、世界和合の道とされています。最高の合氣道技は「自分を殺しに来た敵と、仲良く肩を並べて話をすること」と教えられました。合氣道修行とは、一見戦闘に見える型稽古を通じて、己の心身を練り上げ、和合の極意を体得する、血肉化することと私は受け止めています。
 
実は、整体の極意も、ここにあります。痛み、症状、病気を敵と見なさない。これらと戦うことなく、調和する。それが、整体の思想であり、実践です。そして、思想と実践を通じて、和合の極意を体得し、自分を成長させるべく歩み続けるのが、整体の修行だと考えています。
 
このような考えのもと、私は「治さない整体師」を名乗り、整体の思想と実践の啓蒙と普及に人生をかけています。目指すのは、究極の癒しです。しかし、残念ながら、結果を早く求め、お金が全ての価値基準である現代社会においては、なかなか理解されず、受け入れらない事業です。
 
あまりの逆境に、時にめげそうになりますが、数は極めて少ないけれど、共感し、支えてくれる人たちが存在するのも事実です。そんな、数少ない同志とも呼べる人との出逢いを求めて、情報発信をしつつ、行動を起こし、つながりを広げて参りたいと考えています。
 
今日から三日間、千葉県船橋市に滞在します。また、来週末は京都府福知山市へ、再来週は山梨県北杜市へ参ります。今回、初めてお会いする方もいらっしゃいます。どうかよろしくお願いいたします。


整体読本「掌ひとつの革命」

“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。また、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。


ABOUTこの記事をかいた人

1960年、大阪生まれ。2008年、47歳の時に、突如、24年間勤務した会社を辞し、整体師に転身することを決意。多額の住宅ローンを抱え、当時高一と中二、二人の息子がいる身で脱サラし、未経験の仕事で起業するなど狂気の沙汰と、周囲の誰もが猛反対する。しかし、耳を貸さず、整体院の独立開業を断行。案の定、失敗、挫折、絶望の連続で、辛酸をなめ尽くすが、ぎりぎりのところで踏み止まる。修得した整体手技療法を基盤に、合氣道修行で得た心身修養の精髄を加味した「心整体法」を着想。病院で治らない慢性疾患や自律神経失調症専門の整体院という独自路線を歩み、自力で整体院経営を軌道にのせる。組織に依存せず、束縛されず、自分の良心や信念をいっさい曲げることなく、己の身一つでサラリーマン時代を大きく超える収入が得られることを証明する。その経験を生かし、脱サラ・起業に特化した整体塾を主宰。まったくの未経験者を「オンリーワンの整体師」に育てあげることについては、日本一の手腕を持つ。これまでに、50名を超える整体師を輩出。現役の整体師を続けながら、大阪府枚方市、千葉県船橋市を拠点にして後進を育成。また、各地で一般の方に向けたセミナーや体験会を開催し、「心整体法」を伝えている。