どこで立ち止まるか?

社会について思うこと

先日、買い物へ行く途上で、写真のようなクルマが前方を走行していた。かなりのクラシックカーである。車種はわからないが、左ハンドルなので外車だろう。自動車らしい大きなエンジン音を響かせ、立派に走っていた。
 
クルマは、この頃のもので十分ではないか。ふと、そう思った。私自身、20数年前にクラシックミニ(マニュアルミッション、キャブレター付エンジン)に乗っていたが、日常使いには十分だった。子どもが大きくなったので、泣く泣く手放したが…
 
最新のハイテク装備や機器類は、ビックリするほど便利で快適だが、本当に必要か?と問われれば、大いに疑問を感じる。自動運転や自動ブレーキなどに至っては、個人的には行き過ぎとさえ思う。
 
最新のテクノロジーよりも、ものを大切に使うこと、他人を思いやること、心に余裕をもつことなどの方が、よほど大切だと思う。そして、テクノロジーが進化すればするほど、大切なことが忘れ去られていく。それを大いに危惧する。
 
人間が、物質的豊かさ、便利さ、快適さを求めれば求めるほど、自然が汚され、破壊され、搾取され、枯渇していく。その一方で、人間がどんどん愚劣化していく。私たちは、今、どこで立ち止まるかを真剣に問うべき時期にあると思う。

整体読本「掌ひとつの革命」
無料でダウンロード
“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。もちろん、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、自律神経失調症、起立性調節障害、不安障害、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。
社会について思うこと
シェアする
西田 聡をフォローする
掌ひとつの革命
タイトルとURLをコピーしました