マスクは御賽銭のようなもの

WHOが約半年前にこのような指針を発表し、その後、大きな変更があったようだ。ただ私個人としては、WHOが何を指針としようが、大手メディアがどう伝えようが、どうでもいいと思っている。公的機関ですら特定の者たちに自在に操られているのが事実だろうし、我々がメディアを通して入手できる情報は、様々な圧力や思惑で歪められた内容が大半だと思うからである。
マスクで感染予防は根拠なし WHOが新指針で改めて強調

私が圧倒されるのは、根強い「マスク肯定派」の存在である。私が暮らす町では、ほぼ100%の人がマスクを着用して過ごしているようだし、このニュースにも多数の反論コメントが付いている。この様子を見ていると、マスク着用はもはや宗教の域に達しているとすら感じる。そこで、ハッと気がついた。不謹慎と言われるかも知れないが、マスクは御賽銭のようなものだ、と…

私たちの多くは神社へ行くと、必ず御賽銭箱へ小銭や札を投げ入れ、手を合わせる。なぜそれをやるのか?と改めて問われても、即答はできない。多くの者は、確固たる信念や根拠に基づきそれをしているわけではないし、強く御利益を求めているわけでもない。あえて申せば、目に見えない大いなる力への畏敬と感謝の意の表示であり、習慣と安心のためとでも言おうか。

神社へ行くと、御賽銭を入れ、手を合わせる人が圧倒的大多数だと思うが、入れない人もいるし、手を合わせない人もいる。かといって、御賽銭を入れる人は、その行為を正当化もしないし、入れない人を責めたりもしない。そもそも神社も国家も、御賽銭を強制はしない。マスクもそれと同じではないか、と私は思う。

マスクをしたい人はすればいいし、したくない人はしなければいい。マスクによる感染拡大防止効果は、御賽銭を入れて手を合わせる程度の効果はあると思うからだ。ただし、御賽銭を入れて手を合わせても健康を損ねることはないが、マスク常用は確実に健康を害する。そして、幼い子どもたちに、取り返しのつかない心身の障害をもたらしかねない可能性も忘れてはならないだろう。


整体読本「掌ひとつの革命」

“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。また、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。


ABOUTこの記事をかいた人

1960年、大阪生まれ。2008年、47歳の時に、突如、24年間勤務した会社を辞し、整体師に転身することを決意。多額の住宅ローンを抱え、当時高一と中二、二人の息子がいる身で脱サラし、未経験の仕事で起業するなど狂気の沙汰と、周囲の誰もが猛反対する。しかし、耳を貸さず、整体院の独立開業を断行。案の定、失敗、挫折、絶望の連続で、辛酸をなめ尽くすが、ぎりぎりのところで踏み止まる。修得した整体手技療法を基盤に、合氣道修行で得た心身修養の精髄を加味した「心整体法」を着想。病院で治らない慢性疾患や自律神経失調症専門の整体院という独自路線を歩み、自力で整体院経営を軌道にのせる。組織に依存せず、束縛されず、自分の良心や信念をいっさい曲げることなく、己の身一つでサラリーマン時代を大きく超える収入が得られることを証明する。その経験を生かし、脱サラ・起業に特化した整体塾を主宰。まったくの未経験者を「オンリーワンの整体師」に育てあげることについては、日本一の手腕を持つ。これまでに、50名を超える整体師を輩出。現役の整体師を続けながら、大阪府枚方市、千葉県船橋市を拠点にして後進を育成。また、各地で一般の方に向けたセミナーや体験会を開催し、「心整体法」を伝えている。