時代の分岐点

先日、私の投稿をご覧になった合氣道修行者の方が、メッセージをくださった。内容をかいつまんで申し上げると「本部道場の通達(方針)により、現在、稽古にはマスク着用が必須である。それに異議を持つが、この道場に所属する以上、致し方ないのか」とのことであった。

もし、合氣道開祖が生きておられたら、どのような判断をされているであろうか。ひとつの手がかりとして、以下、開祖である植芝盛平先生の口伝を文章化した一節を引用する(「合氣道開祖・植芝盛平語録 合氣神髄」より)。

“真の武道には敵はない、真の武道とは愛の働きである。これは殺し争うことでなく、すべてを生かし育てる、生成化育の働きである。愛とはすべての守り本尊であり、愛なくばすべては成り立たない。合氣の道こそ愛の現れなのである”

さて、マスクは愛だろうか?ほぼ感染症拡大防止には無駄無意味、さらには健康上有害とわかっていながら、門下の者たちにマスク着用を強要するのは、愛だろうか?ただただお上や世論に迎合隷従する姿が、真の武であろうか?私は、違うと思う。

私は、合氣道稽古の延長線上に、整体の仕事を発見し、この道で生きるべく人生を大きく変え、生涯をかけてこの道を究めていくことを決断した。我欲によって選択した道であったが、12年かけて歩み続けた結果、それが一時の気の迷いなどではなく、大げさに申せば、神様によって導かれた道であると、今、確信を深めている。

なぜなら、風の時代へ、そして太陽の時代へ、時代は大きく切り替わったからである。その大きな分岐点が、昨日だったようである。それが企業であれ、任意団体であれ、自分の本意に合わない組織に迎合や依存することがいかなることなのか。一人ひとりが考えて、生き方を選択すべき時期に来ていると強く感じている。

本当の自分は何を求めているのか、耳を傾けて欲しい。本当の自分とは「魂」である。魂が身体と心を通じて、自由に表現されていることこそが、真の健康である。そして、それを目指すための道として、私は自分の整体法を極めていきたいと考えている。ご連絡くださった方が佳き道へ進まれるよう、願うばかりである。


整体読本「掌ひとつの革命」

“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。また、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。


ABOUTこの記事をかいた人

1960年、大阪生まれ。2008年、47歳の時に、突如、24年間勤務した会社を辞し、整体師に転身することを決意。多額の住宅ローンを抱え、当時高一と中二、二人の息子がいる身で脱サラし、未経験の仕事で起業するなど狂気の沙汰と、周囲の誰もが猛反対する。しかし、耳を貸さず、整体院の独立開業を断行。案の定、失敗、挫折、絶望の連続で、辛酸をなめ尽くすが、ぎりぎりのところで踏み止まる。修得した整体手技療法を基盤に、合氣道修行で得た心身修養の精髄を加味した「心整体法」を着想。病院で治らない慢性疾患や自律神経失調症専門の整体院という独自路線を歩み、自力で整体院経営を軌道にのせる。組織に依存せず、束縛されず、自分の良心や信念をいっさい曲げることなく、己の身一つでサラリーマン時代を大きく超える収入が得られることを証明する。その経験を生かし、脱サラ・起業に特化した整体塾を主宰。まったくの未経験者を「オンリーワンの整体師」に育てあげることについては、日本一の手腕を持つ。これまでに、50名を超える整体師を輩出。現役の整体師を続けながら、大阪府枚方市、千葉県船橋市を拠点にして後進を育成。また、各地で一般の方に向けたセミナーや体験会を開催し、「心整体法」を伝えている。