ニューノーマル(新しい生活様式)に断固反対します

感じてみてください。この写真の母子が、マスクやフェイスシールドをつけていたら、どんな情景になるのかを。また、想像してみてください。マスクやフェイスシールドが当たり前になった社会で育ったこの子が、将来どのような大人になるのかを…

常にお互いの表情を確かめ合うこと。肌と肌で触れ合い、お互いを感じ合うこと。これらは、愛情を育み、信頼関係を深める上で欠かせない、とても大切な営みです。また、精神的安定や乳幼児の情操面での発育に、非常に重要な意味を持ちます。

ニューノーマルは、人と人を隔絶し、その触れ合いを遮断することを推奨するものです。そこに異常さや隠された意図を感じないばかりか、むしろ迎合や賛成する大人が圧倒的大多数であることに、私は絶望感に近い危機感を抱いています。

「なぜマスクに反対するの?たかがマスク、して済むなら、それでいいだろう」———— そのようにおっしゃる方が、決して少なくありません(もしかしたら圧倒的大多数かもしれません)。しかし、そうやって小さな妥協を積み重ねてきた結果が、現代社会のあり方です。

日本では、年間20万人近い人が自殺すると言われています(公的には2万人ですが、それは遺書のある人のみだそうです)。さらに申せば、10代の死因の第1位は自殺だそうです。この事実は、新型コロナウィルスなど比較にならないくらい、はるかに深刻な問題だと私は思います。

現代日本は、いつの間にか、命の重さがかつてないほど軽くなった、極めて異常な社会になり下がりました。しかも、それに気付く人はわずかです。現代人のエゴの肥大化、感受性の鈍化と思考力の低下は、絶望的に深刻です。加えて、その自覚がないゆえ、救いようがないというのが正直な気持ちです。

でも、あきらめたら終わりです。だから、思いや価値観を分かち合える人を強く求めています。「命を知り、命を感じ、命を養う」———— それが、整体の学びです。言い換えれば、それは身体を通して、真実を知り、真理を体得する道であります。

真実を知り、真理を体得すれば、命の力や可能性に目覚めることができます。それは、自信と希望の源泉です。だから、“整体を学ぶ仲間を増やし、百匹目の猿現象を起こそう”———— と、亡き師匠が、よく口にしていたのだと拝察いたします。私も、今まさに同じ気持ちです。

地球や自然に対する傲慢と冒涜を反省するために。

人間だけでなくすべての命を尊重する世界を取り戻すために。

誰もが安心して自分らしくあれる社会を実現するために。

ニューノーマルに断固反対し、本気で共に同じ地平に向けて歩んでくれる仲間を、今、心から求めています。私自身、そもそも整体など全く無縁の生活をしていました。この時期に、ここへ導かれたのは必要必然なのでしょう。もし、何か感じることがあれば、お気軽にお声掛けください。


整体読本「掌ひとつの革命」

“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。また、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。


ABOUTこの記事をかいた人

1960年、大阪生まれ。2008年、47歳の時に、突如、24年間勤務した会社を辞し、整体師に転身することを決意。多額の住宅ローンを抱え、当時高一と中二、二人の息子がいる身で脱サラし、未経験の仕事で起業するなど狂気の沙汰と、周囲の誰もが猛反対する。しかし、耳を貸さず、整体院の独立開業を断行。案の定、失敗、挫折、絶望の連続で、辛酸をなめ尽くすが、ぎりぎりのところで踏み止まる。修得した整体手技療法を基盤に、合氣道修行で得た心身修養の精髄を加味した「心整体法」を着想。病院で治らない慢性疾患や自律神経失調症専門の整体院という独自路線を歩み、自力で整体院経営を軌道にのせる。組織に依存せず、束縛されず、自分の良心や信念をいっさい曲げることなく、己の身一つでサラリーマン時代を大きく超える収入が得られることを証明する。その経験を生かし、脱サラ・起業に特化した整体塾を主宰。まったくの未経験者を「オンリーワンの整体師」に育てあげることについては、日本一の手腕を持つ。これまでに、50名を超える整体師を輩出。現役の整体師を続けながら、大阪府枚方市、千葉県船橋市を拠点にして後進を育成。また、各地で一般の方に向けたセミナーや体験会を開催し、「心整体法」を伝えている。