マスク中毒のみなさまへ

書くのも嫌になりますが、いまだに我が町ではマスク着用率が100%近いという状況が続いています。健常者のマスク常用は無意味どころか、かえって感染拡大に加担したり、健康を害するリスクが明確なのに、いい大人がどうしてそれを理解できないのでしょうか。
・ 
自分の頭で考えることを放棄している。自分の健康を守る意識がない。そもそも奴隷同然の精神性で生きてる。そうとしか思えません。そんな大人が蔓延している現代日本の社会には、嫌悪と絶望の意を感じざるを得ません。

私に関して申せば、今年1月の新型コロナウィルス騒動勃発時期から、マスクは着用していません。一般的なマスクの性能を理解していたし、これまでインフルエンザが大流行した時期にも感染発症した経験がないからです(もちろん予防接種もうちません)。

また仕事柄、いかなる感染症であれ、身体の状態を良好に保つことが、最高の予防であり、必要以上の予防(過度な消毒や健常者のマスク常用)は身体の機能を損ね、かえって感染リスクを高めることを熟知していたからです。

ゆえに、亡き父がお世話になった老人ホームや入院病棟などでは、マスクを着用しましたが、それ以外では、たった一度、ある飲食店でマスク着用を強要された時に応じたのみであり、強制されたことはもちろん、マスク非着用を注意や非難されたこともありません。

さて、添付の記事は、マスク常用がいかに有害か、まとめてわかりやすく記述されています。「わかっているけど、他人の目が気になってマスクが手放せない」…おそらく、そんな人が膨大に存在するのでしょう。日本人の特質を巧みに利用した奴隷化施策だと、大いに感心するばかりです。
マスク中毒のみなさまへ

それが理解できるからこそ、もしあなたがこの異常な状況に疑問を持つなら、“たった今から”マスク着用を止めることです。それでしか、この社会は変えられません。このままでは、どんどん奴隷化が進むか、もしくは残念ながら、日本人が地球上から消えることになるでしょう。

コロナを機に、今、世界中でどんどん自由が奪われ、命の尊厳が損なわれています。そのような状況下、これからどうやって生きていくのか。命をどうつないでいくのか。子どもたちにどんな未来を遺すのか。いよいよ、一人ひとりが真剣に考え、行動すべき正念場を迎えていると強く感じます。


整体読本「掌ひとつの革命」

“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。また、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。


ABOUTこの記事をかいた人

1960年、大阪生まれ。2008年、47歳の時に、突如、24年間勤務した会社を辞し、整体師に転身することを決意。多額の住宅ローンを抱え、当時高一と中二、二人の息子がいる身で脱サラし、未経験の仕事で起業するなど狂気の沙汰と、周囲の誰もが猛反対する。しかし、耳を貸さず、整体院の独立開業を断行。案の定、失敗、挫折、絶望の連続で、辛酸をなめ尽くすが、ぎりぎりのところで踏み止まる。修得した整体手技療法を基盤に、合氣道修行で得た心身修養の精髄を加味した「心整体法」を着想。病院で治らない慢性疾患や自律神経失調症専門の整体院という独自路線を歩み、自力で整体院経営を軌道にのせる。組織に依存せず、束縛されず、自分の良心や信念をいっさい曲げることなく、己の身一つでサラリーマン時代を大きく超える収入が得られることを証明する。その経験を生かし、脱サラ・起業に特化した整体塾を主宰。まったくの未経験者を「オンリーワンの整体師」に育てあげることについては、日本一の手腕を持つ。これまでに、50名を超える整体師を輩出。現役の整体師を続けながら、大阪府枚方市、千葉県船橋市を拠点にして後進を育成。また、各地で一般の方に向けたセミナーや体験会を開催し、「心整体法」を伝えている。