肌接触の大切さ

ご縁のあった人たち

二人の息子が幼かった頃、私は、一緒に過ごす時間をできる限り多く持とうとしていた。サラリーマンだった当時、朝7時前には出勤し、人がいない間に効率よく仕事をこなし、残業せずに済むようにした。それは、早く帰宅して、彼らと一緒に風呂へ入るためである。

週末は一緒に公園へ行ったり、家の中でレゴや積み木を使ってよく遊んだものである。たまに一緒の布団に寝て、同じ絵本を何度も何度も読み聞かせた(彼らの最もお気に入りは「かいじゅうたちのいるところ」であった)。

また、彼らが幼稚園児や小学生の頃は、必ず出勤前もしくは登校前に抱きしめることが習慣であった。さすがに、彼らも高学年になる頃には嫌がるようになったので、いつの間にかその習慣もなくなってしまったが…

正直に言うと、私はこれらを彼らのためにしていたわけではない。すべて自分のためである。当時、仕事や人生に悩み、自信を無くし、自分を見失っていた私にとって、彼らと一緒に過ごすこと、彼らを抱きしめ、彼らと話すことが、何よりもの救いであったのだ。

彼らがいなければ、もしかしたら私は自ら命を絶つ選択をしていたかも知れない。それほどまでに思い悩み、心を病んでいた。彼らに範を示すことができない情けない父親であることを恥じ、人知れず涙することも多々あった。でも、それ以上に彼らを愛していた。

愛する彼らが生きるための糧となる給料を稼いでくる…何としてでも彼らを守らねばならない…当時、それが私の唯一の存在意義であった。それだけを拠り所に、どんなに苦しくとも、どんなに辛くとも、休むことなく勤務を続けた。

二人の息子はとっくに成人し、親元を離れ、それぞれ仕事を持ち忙しくしており、今は会えるのは年に数度である。それでも、幼かった彼らのやわらかく、あたたかな肌接触の感覚が、私の中にはとても根強く残っている。

私が現在の仕事に大きなエネルギーが注げるのは、もしかしたら、この肌接触で得られた感覚が原動力なのかも知れない。子どもを愛し、子どもを守りたいという強い気持ちは人類共通のものである。それは、やがて全ての命を愛し、守りたいという気持ちに発展するのではないか。

そして、その気持ちを発芽させる原点であり、その気持ちを育む養分は「肌接触」に他ならないと強く思う。だから、育児に限らずとも、握手やハグなど、日常において肌接触によって得られる感覚は、人間が生きる上で、理屈抜きに極めて重要であると考える。

以上のような理由により、肌接触に対し嫌悪の感情を抱かせかねない「感染拡大対策」や「新しい生活様式」に対し、私は断固として反対の意を表す。現在、多くの人がなびき、受け入れようとしているが、それは人間らしさの放棄としか思えない。

息子たちが幼かった頃に今のような状況になっていたら、私は何を考え、どう行動しただろう?今を生きる若い父親や母親たちは、今の状況をどう感じているのだろう?私たちは、今、本当に大きな分岐点に立っていると思う。どうか目覚めて欲しい。
 
〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜
 
息子たちが幼い頃の写真は、別れた元妻が全て持って行ってしまったので、私の手元には数枚が残っているのみである。添付のものは、そのうちの貴重な1枚である。1996年、今から25年前である。

肌接触は触覚だけでなく、視覚、聴覚、嗅覚、味覚など、様々な感覚と結びついているのか、それを頼りに様々な記憶が、生き生きと蘇ってくる。それは、消えることのない大切な宝物である。

整体読本「掌ひとつの革命」
無料でダウンロード
“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。もちろん、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、自律神経失調症、起立性調節障害、不安障害、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。
ご縁のあった人たち 社会について思うこと 私に関すること
シェアする
西田 聡をフォローする
掌ひとつの革命
タイトルとURLをコピーしました