子どもに向精神薬を飲ませることについて

ここ数年、整体の現場で、子供の不調に向きうことが増えている。

その多くは「起立性調節障害」という疾患だ。
朝、起き上がれない、起きてもめまいやふらつきがある、頭痛や微熱が続く。
遅刻や早退を繰り返し、不登校になる子も少なくない。
全国には、推定100万人の患者がいるという。


向精神薬をのむ子ども 投稿者 JKzappa

関連記事

  1. 自由に生きるとは?

  2. 一瞬で痛みがとれる?

  3. 早期発見、早期治療の功罪/人工透析に通うご婦人を見て思ったこと

  4. 合掌

  5. 他者を批判する人たち

  6. ターニングポイント

  7. 人生を変える勇気と決断

  8. 8月15日に思うこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

  1. 合掌

    2017.10.9

  2. 生き方

    2017.10.6

アーカイブ