なぜ組織にしがみつくのか

たまたま見つけたこの動画。
1年半ほど前のNHKの番組である。

業績好調の大企業でさえ、リストラを断行する。
それが現実である。
その傾向は、今後、ますます強まるに違いない。

それでも、人は企業にしがみつく。
再就職や安定雇用を求める。

考えてみて欲しい。
企業に所属する以上、自分の人生を他者に委ねることに変わりはないではないか。
そもそも、この世に生きる以上、安定などあり得ないではないか。
どうしてそのことに気づかないのか。

それでも組織に依存し、不安に怯え続ける人生を選ぶのか。
それとも、違う人生を選ぶのか。

男だったら、勝負しないか。
一度きりの自分の人生、好きに生きてみないか。

年間40兆円を超える巨大産業がある。
しかも、その産業が拡大すればするほど、不幸な人が増える。

この無限大とも言える市場に挑戦する。
そこには、大きな可能性と、夢と希望が溢れている。

真に人に喜ばれるとは、どういうことか。
社会に貢献するとは、どういうことか。
常識や既成概念にとらわれず、自分の頭で考えて欲しい。

洗脳から目覚め、依存と束縛を断ち切り、自分らしく、自立して、自由に生きる人生に挑戦する。
そんな気概のある男に出会えることを、願ってやまない。
http://shin2raku2do.biz/lp/?page_id=339

関連記事

  1. 慢性筋肉疲労が病気をつくる

  2. 整体師の仕事をなめてはいけない

  3. 来院者をどう呼ぶか

  4. Facebookで会いましょう

  5. 処(ところ)を得さしむる

  6. 生活実践の中に悟る

  7. 整体の症例と自然の風景

  8. あえて苦言を呈する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

最近の記事

  1. 木蓮の涙

    2017.11.10