創業40数年の眼鏡専門店から学んだこと

学びの分かち合い

眼鏡を新調した。経緯や事情は、本投稿下にリンクを掲載した1月の投稿をご覧になって欲しい。
 
昨日、新調した眼鏡を引き取りに行った際、店内にいらっしゃった創業者の方に話しかけてみた。40年以上の長きにわたり、ご商売を続けてこられた秘訣は何ですか?と…答えは次のような内容だった。
 
「お客様のことを第一に考え、親切かつ丁寧に対応してきたのはもちろんのことだが、それだけでは商売は続かない。私の場合、とても“運”がよかったのだと思う」
 
なるほど、運か…と考えた。運とは、不確かで受動的なものというイメージがある。しかし、一方で“運ぶ”という能動的な行為でもあると思う。運命とは“命を運ぶこと”、つまり日々の生き方そのものではないかと思う。
 
この眼鏡屋さん、今般の外出自粛要請により、来客は確かに減っているが、売り上げ的にはさほど大きな影響は受けていないとのことである。同じ商圏に、安売りをする眼鏡屋さんが数店舗ある(大手チェーン含む)中で、さすがだなと感服する。
 
また、次のようにもおっしゃっていた。
 
「これまではよかったかもしれない。でも、今回のように、いつ何が起こるかわからない。変化のスピードも激しくなっている。だから、こんな慣れないこともしてるんですよ」
 
と、一所懸命にタブレット端末の操作をされていた。
 
さて、今回の眼鏡は、主に外出用として新調。特にこれからの季節、運転する際にラクなように、レンズに細かい調整を加え、かつ薄い色をつけた。軽いフレームを選んだこともあり、かけていることを忘れるくらいに快適なかけ心地で、本人的には大満足である(しかし、周囲は…?)。
 
少し大きな出費(安売り店の2〜3倍くらいか?)だったが、ここで購入して本当によかったと思う。それにしても、白髪が増えたな…

眼鏡が壊れて、思わず学んだこと
昼休み、出かけようと眼鏡をかけたら、左右の見え方が異なる。あれ?と思い、確かめると、左のレンズが無かった。フレームのネジがゆるんで抜け落ち、レンズが外れてしまったようだ(幸いレンズは割れずに済んだ)。   最近はコンタクトレンズの使用を...
整体読本「掌ひとつの革命」
無料でダウンロード
“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。もちろん、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、自律神経失調症、起立性調節障害、不安障害、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。
学びの分かち合い
シェアする
西田 聡をフォローする
掌ひとつの革命
タイトルとURLをコピーしました