整体修業

仕事について思うこと

今年初めての整体起業講座を終えて/“魂が心と身体を通して自由に現れる生き方を実践すること”を目指して

先週末3日間、今年初の整体起業講座を終えました。   現在の研修生は、全員が40〜60代の男性です。それぞれ、やりがいと誇りを持って仕事に取り組んで来たが、自分自身の働き方や現代社会の在り方に違和感や疑問を感じ、何かを変えたいと考え、私...
仕事について思うこと

【整体的人生考察】仕事とは

心身楽々堂は、昨日をもって2019年の営業を終了いたしました。本日から三日間、千葉県船橋市の関東道場にてセッションや講座を行い、本年の仕事納めとなります。   さて、仕事とは文字通り「仕える(つかえる)事」。人に仕え、社会に仕え、何より...
仕事について思うこと

合氣道と整体の共通点「ひとつになること」

私が最も好きな合氣道家である、山口清吾師範。すっと通った美しい姿勢、臨機応変かつ無駄のない体捌き、技のキレの鋭さなどに、たいへん僭越ながら、大きな魅力を感じる。   動画を見る限り、激しく投げられているように感じるが、実際はそうではない...
仕事について思うこと

整体修行は真の癒しへと到る道

“癒しとは、真実を知り、真理を理解することによって得られる、内なる気付きに根差した、心の平安と命の調和である”(西田の定義)   私が12年前に整体を学び、脱サラして起業し、人生を大きく変えようと決断した時、そこには合理性や勝算はほとん...
仕事について思うこと

50歳のあなたへ

人生100年時代。現在50歳のあなたは人生の折り返し地点に立っておられるわけですが、今、どんなお気持ちでしょうか?残る後半の人生に大いなる希望をお持ちでしょうか?逆に、暗澹たるお気持ちでしょうか?それとも、何も感じていないでしょうか?  ...
仕事について思うこと

現代社会の行く末

約10年前、整体の師匠(故人)から読むように勧められたこの本。当時は、非常に戸惑った。整体とどう関係があるのか、まったく理解ができなかったし、そもそも本に書かれた内容自体が理解しがたいことばかりだったからだ。   最近になって気になり、...
仕事について思うこと

合氣道から整体へ

30代半ばから稽古を開始した合氣道。思えば、人生の転機はそこから始まっていたのだと思います。   合氣道は、昭和の時代に、傑出した武術家である植芝盛平が創始した現代武道です。現代武道の大半が格闘技化、競技スポーツ化していく中で、合氣道は...
社会について思うこと

母と子の関わりを考える

私の整体院の道路をはさんだ向かい側に、保育所があります。毎朝、たくさんのお母さん方(一部はお父さん)が、お子さまを送って来られます。お母さんと離れたくないのでしょうか、時々、大泣きしている子どもの声が聞こえて参ります。   子どもが泣い...
仕事について思うこと

「職人×起業家」という生き方

私が敬愛する人物の一人、神田昌典さん(マーケッター、経営コンサルタント)が自著「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」の中で、次のように述べておられます。   「ビジネスは、単なる金儲けの手段ではない。この現代で、社会を変革する最強のツ...
仕事について思うこと

霊性を取り戻す、高める

戦争、テロ、犯罪、暴力、難病奇病、いじめ、引きこもり、自殺、環境汚染、自然破壊など、あらゆる社会問題の根底にあるもの。それは「命の軽視」です。そして、命が軽視される最大の原因は、「霊性の忘却」もしくは「霊性の劣化」ではないかと考えています。...
タイトルとURLをコピーしました